読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君が泣いていないか、泣いていないか心配だ。

関ジャニ∞さんメインのぶろぐ。&NEWS/WEST。

スポンサードリンク

きっかけと担降りと自己嫌悪。

ジャニーズ 関ジャニ∞ 私事 担降り
スポンサードリンク テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。

 

最近ずっと悩んでいます。苦しい。正直書ける気がしません。書けても投稿できるかな…。


ここ最近、応援している関ジャニ∞について悩んでは、結果「それでも応援したい」と立て直せていたのですが、なんか今日はだめかもしれないです。


あーーー決心がつかずに文字を書く手が何度も止まります。恐い。言葉にしたら取り返しのつかないことになりそう。いや、「やっぱり違った!」って言えばいいのだけども、でもこうやって書いて文字にして整理したら自分の気持ちまで本当に整理されて「それでも」と思えなくなってしまうかもしれない。


私の中で担降りは2パターン。
①最近まで悩んでいた担降り→『今応援しているグループから違うグループへ降りる』ということ。

②直近で悩んでいる担降り→『担当(個人)をやめる』ということ。

 

 

担降りの話の前にまず私のアイドル遍歴と関ジャニ∞(個人では横山さん)が好きになったきっかけについてお話させてください。

 

■私のアイドル遍歴

私は自称NEWS世代。NEWSが奇跡を起こそうとFLY AWAYして翼ひろげていた時(2003年)にはNEWSを見ていたし、KAT-TUNがギリギリで生きていたい時(2006年)にはそら大変な人生だなと思っていました。
つまり私のいう○○世代とは自分の青春時代にデビューを見守ったもしくは流行っていたということなのだけれども。
でも、だからこそNEWSの1年後にデビューした関ジャニ∞のことは(関西限定だったため)デビューを見ていないし、思い起こしても記憶にないし、「いつの間にかいた」という感覚なので彼らのことは極端にいうと知らなかったです。えんやこらしてた(2004年)のも全然帰られへん(2005年3月)ことも知らんかったです。記憶にあるのは大阪名物の田中さん家を紹介(2005年9月)し始めた頃ですかね。


(ちなみにアイドル以外ではaikoさん、BUMP OF CHICKENさん、椎名林檎(東京事変)さんが好きです。この3組はもうかれこれ10年以上好きなまま応援しています。)


そして大枠でいう『アイドル』はというと、もとから可愛い子が好きだった私。日常生活においても通りすがりの可愛い人を見つけては「うわあ天使」と思い、少女マンガを見ては「うわあ女神」と思い、かっこいい人よりも断然可愛い・キレイな女の子の方に興味がありました。
そもそも「かっこいい人」なる人種が苦手でというか信用できなくて、学校でいわゆる「人気のあるモテそうな男子」は友達にはなれるけど恋愛なんて以ての外。アウトオブ眼中(死語)。
だから私が女性アイドルを好きになるのに時間はかからなかったです。モー娘。世代だったので(年齢バレますね。)、1998年にASAYANをみてハロプロ(ごっちん推し)を好きになり、2005年にAKB48(DD)を好きになり。そしてその後に本格的にジャニーズにはまってしまいます。


かっこいい男性に信頼がなかった私は、御多分に洩れずジャニーズにも信頼がなく、彼らのキラキラオーラがチャラチャラにしか捉えられなくて、とても苦手意識があったのを覚えています。
当時ジャニーズファンの女の子たちには一切偏見はありませんでしたが(だって一般人芸能人問わず女の子は好きだから。)、これだけのファンがいるということも不思議に思う半面、「でもきっと女性アイドルと同じで一生懸命頑張って苦労しているんだろう」ということだけは感じていて、そもそも私は苦労話や人生の紆余曲折なストーリーに滅法弱く、そんなストーリー性に惹かれて女性アイドルを応援していたわけなので、ジャニーズもちゃんと見てしまえばきっと私もはまってしまうんだろうと心のどこかで思っていたのも事実です。でもはまってしまうのも恐かった。

今思えばチャラチャラして見えたのもかっこいい男性は信用ならないと思っていたのも偏見だったと痛いほど分かります。その人のことを知ろうとしていなかっただけ、私は外見で人を判断していたんだって。最低ですね。

 

関ジャニ∞に心奪われる

関ジャニ∞にはまったきっかけはラジオでした。
学生時代、自室にはTVがなかったため部屋ではラジオを聴くのが習慣でした。その時たまたま私の耳に入ってきたのが横山くんと村上くんの軽快で耳に心地良い関西弁だったんです。元々関西弁が好きな私は、話の内容より関西弁に惹かれその日はラジオから流れる彼らの会話に釘付け。TVでは芸人さんたちの「なんでやねん!!」は聞けるけど普段の自然な会話ってあまり聞ける機会がなかったからそれだけできゅんとして心を奪われました。単純。
ラジオを聴いていて分かったことは彼らが「よこやまゆうさん」「むらかみしんごさん」であるということ。そして関ジャニ∞というグループのメンバー」だということ。顔分からないけど…ジャニーズだよね?くらい。つまり顔を認識する前に彼らの声と会話の雰囲気だけで好きになりました。ラジオ終わって「どうしよう…私…めっちゃ好きや。」となったわけです。
もっと関西弁が聞きたい一心でようつべ様にお世話になり隙あらばレコメン拝聴していたのですが、拝聴2回目で「横山さん、好き。」となっていました。(笑)一体全体レコメン2回で横山くんの何をそんなに好きになったのか自分でも未だに謎ですが、聞くたびに好きが増す感覚で、理屈じゃないってこのことなのかなって思うくらい自然に好きになっていました。
それで、しばらくレコメン沼にはまった後関ジャニ∞を調べ始めるわけです。遅い。当時の私は錦戸くんくらいしか知りませんでした。ごめんなさい。
ちなみに当時TVで披露していた『好きやねん、大阪。(2005年)』や『∞SAKAおばちゃんROCK(2006年)』で大倉くんと丸山くんの見分けがつかない私と母親。身長が高い人が2人いるという浅い認識。ちなみにこの中で誰が言いと思う?と母親に聞いたら「私は強いて言うならこの人(丸山くん)が1番いいと思う」と言っていました。そうなんだ。いやいや、見分けつかないんじゃないんか。母の好みを知って複雑な私。

でも、厳密に言うとここで関ジャニ∞にはまったわけではありませんでした。横山くんは好きだったけど、関ジャニ∞<横山くん<レコメン愛でした。もっと言うなら関西弁愛
それに同時期に女性アイドルを応援していたこともあり、彼女たちにも色々あったもので掛け持ちなんて心の余裕は私には皆無でした。なので私の中ではこの時期はファン歴として含めていません。なんかそれはこの時期から本気で応援していたファンの皆さんに失礼な気がする。関ジャニ∞ファンというよりもレコメンファンとして聞き続け、過去を漁り、他の動画も見るようになり、意識していったのは事実です。

そして本格的に好きになったのは2010年かな。横山くんにいろいろあった年な訳ですが…。地味に在宅ファンを続けていた私の耳に入ってきたソロコンとプライベート。前述しましたが、応援したいと思うアイドルの基準がストーリー性重視な私はもうダメでした。
支えてあげたいという気持ちが募り、周囲には辛い姿を見せまいとひたむきに頑張る横山くんを尊敬し、彼の人生を見届けたい、彼の成長を応援したいと思うようになりました。
その後リリースした『LIFE~目の前の向こうへ~』をMステで披露した彼らを見た時の衝撃は今でも忘れません。確かに演奏の完成度としては緊張もあってか未熟な部分の方が目立ちましたけども、力強く「♪まだまだ終わらないから~」と歌った彼らの迫力とメッセージ性に鳥肌が立ち、この人たちくるなと思ったのを覚えています。気持ちを鷲掴みにされた気分でした。
で、『8UPPERS』コンサートですよ。「うわああああーーーー(゜゜)!!!」みたいな。もうきゃーとかじゃなかった。「なんでこんなにかっこいいグループ今まで誰も教えてくれなかったの!!」と。(人のせいにするな。)
『よく喋る関西の兄ちゃんたち』というイメージを完全に覆されて。もともとロックバンドが好きだったから、それに近いかっこいい部分を見せ付けられて完全に沼にはまりました。

ストーリー、シングル、コンサートの3つが畳み掛けるように私に襲い掛かり、今に至るというわけです。


それでね。もちろん横山くんきっかけで関ジャニ∞を知ったわけですが、知ったらどんどんグループまるごと好きになっていって、いろんな個性があってばらばらに見えるけどひとつになった時のパワーは本当に凄いと思っています。

 

すみません、きっかけ話がこんなに長くなるとは…。

 

 

つまり、なにが言いたかったかというと、

■私がアイドルを応援する基準:その人(グループ)をどれだけ支えたいと思えるか
■横山くんを好きになって、関ジャニ∞を応援するようになった


じゃあ最初からこれだけ言えって話なんですが…すみません。いつもだらだらと書いてしまうのです。

でもこの2つが担降りに大きく関わってくるのです。勘の良い人はもう私が何がきっかけでどう思ったか分かるかもしれませんね。
応援する基準はもうずっと私の中で揺るぎない定義です。
2つ目のは簡単に言うと『好きになった人がジャニーズ(関ジャニ∞)だった。』それだけです。

 


でもね。なんかきっかけを書いたら横山くんを好きになった時の気持ちとか、凄い泣いたなとか、その時にずっと応援したいって思った気持ちを思い出して、ちょっと冷静になれたかもしれません。担降り話…どうしようかな。書こうか書くまいかまだ迷っています。でも、①の『今応援しているグループから違うグループへ降りる』はもう結論が自分の中で出たし、決心したことなので書きますね。②は本当に悩んでいたことだったけれど、この記事書いてたら横山くんに気持ち戻れそうな気がしてきました。よかった…本当に。この話も自分の今の気持ちということでちゃんと言葉にしますね。


思った以上に長くなってしまったので、
①最近まで悩んでいた担降り→『今応援しているグループから違うグループへ降りる』ということ。【①】【②】
②直近で悩んでいる担降り→『担当(個人)をやめる』ということ。
は次の記事に書きます。


タイトルに反して担降りの話が書けなくてすみません。

 

 

テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。