読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君が泣いていないか、泣いていないか心配だ。

関ジャニ∞さんメインのぶろぐ。&NEWS/WEST。

スポンサードリンク

きっかけと担降りと自己嫌悪。【『今応援しているグループから違うグループへ降りる』ということ。①】

ジャニーズ 関ジャニ∞ NEWS 私事 担降り
スポンサードリンク テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。

 

前回の『きっかけと担降りと自己嫌悪。』ではきっかけ部分しか書けなくて…すみませんでした。
なので今回は担降り部分(特に【担当制度と担降りについて】)に触れていこうと思います。


これについては少々長くなります。
でも、悩んでいた当時より気持ちは落ち着いているので冷静に書けると思います。
実は悩んでいた時にそれについて書いた文章を先程見返してみたんです。あの時、感情のままに書いていたものをここに上げていたら本当に危なかったと思う。呆れるくらい自暴自棄感MAXでした。投げやりというか…盗んだバイクで走り出しそうな勢い(笑)
エイトは悪くないのに結果マイナスなことばかり書いて読んでくれている皆さんを不快にさせていたと思います。エイトのことも傷付けてしまったかもしれない。いったん冷静になるって本当に大切です。


では本題に入ります。
そもそもタイトルじゃ分かりにくいと思うのですが、簡潔に言うと関ジャニ∞からNEWSに降りようとしている話です。

つまり、
『今応援しているグループ』=関ジャニ∞
『違うグループ』=NEWS
です。


いつものようにだらだら書いていたらまとまりそうもないのでカテゴリー分け。

①そもそも担当制度と担降りとは?
②両グループについて
③繋ぎ止めるもの
④結論

こんな感じで書き進めます。

 


①そもそも担当制度と担降りとは?

■担当

なんかこれって永遠のテーマですよね。私も今でも定義付けることは出来ません。
いろんな方々が考察をあげてくださっていますし、今回はこの後の話がメインなので細かくは書きませんが、私の中の位置付けとして。

関ジャニ∞が好きになった頃は『担当』という言葉自体あまり使いたくなくて、古参の方への遠慮と、J界隈でしか使用しない閉鎖的なイメージというかそもそも何を以てして『担当』なのかが分かりませんでした。
なのでしばらくは『ファン』もしくは『eighter』という言葉を使用。『eighter』なんてそれこそ関ジャニ∞界隈でしか使わないし閉鎖的と言われればそれまでなのですが、これはすばるくんが私たちにくれた大切な名前ですので誇りをもって名乗っています。
なので前回の記事を読んだ方はお分かりのとおり最初はもちろん『黒eighter』(黒は横山くんのイメージカラー)。でもだんだんと『限りなく黒に近い虹色eighter』に変わっていきました。
それは黒の濃さが褪せたのではなく、他の色の鮮やかさに気付いたからです。表現が回りくどいですね。すみません。他のメンバーの良さを知れば知るほど全員揃ってこそ関ジャニ∞だと、全員必要な存在だと認識したからです。

 

でね。『担当』って難しいなって。そこに戻るんですけども。
担当が1人の人もいれば、2人以上の人もいますよね。グループ内だとしてもグループを跨いだとしても。「嵐では○○担、SMAPでは○○担!」みたいな。だとすると単純に1番に応援している人=担当というわけでもないのか?と。ますます難しい。
そして「好きだけど私なんかじゃまだ恐れ多くて『担当』なんて呼べない。」みたいなのもありますよね。こっちの方が分かる気がします。自分になのか好きなメンバーになのか他の同担に対してなのか。誰への遠慮なのかはその人によるのでしょうけども。

 

じゃあいつどのくらいどう好きになったら担当なの?ってことですが。

私的にはもう『他の人よりもこの人を応援したい』と思ったらその時点でその人の『担当』になったんじゃないかと思います。つまり他の人と「好きの差別化」が出来たら。違うかな~…自信ないです。
DVDとか番組とか気付いたら目で追ってしまうのはいつもこの人だなあとか、単純に1番タイプだなあとか。結局そういう答えに行き着いてしまいます。大した考察じゃなくてすみません。


なので私はジャニーズが揃った番組を見れば咄嗟に関ジャニ∞を見てしまうし、彼らの姿を見て今日も元気だなあと安心します。
関ジャニ∞だけが出る番組を見ればやっぱり横山くんを見てしまう。
だから私の『限りなく黒に近い虹色eighter』というのは『横山担でありなによりグループ(関ジャニ∞)担』であるということになります。


とはいえ女性アイドルもDDなのでジャニーズもさほど変わらずなわけです。(事務所担とまでは言えないかもしれませんが全てのグループ万遍なく見ていると思います。)
ちょくちょく私のblogには他のグループの話が出てくるのでもう今更感満載ですが、改めて書くと実質応援しているグループは、しいて挙げるならKinKiKids/嵐/NEWS/関ジャニ∞/ジャニーズWEST/ジャニーズJr.だと思います。でも私の中ではちゃんと位置づけがあって、こんな感じです。

<以前まで>

【1】関ジャニ∞ …別格。

---------------------越えられない壁------------------------

【2】嵐 / NEWS …好き。
【3】KinKi kids / ジャニーズWEST …陰ながら応援。
【4】Jr.(屋良朝幸くん、安井謙太郎くん、SixTONES) …見守りたい。


ここ最近ずっとこれでやってきました。ジャニストがJr.の頃はもちろんJr.枠にジャニストがいました。
不動の1位は関ジャニ∞であると自分の心を信じていたし、多数のグループを応援していても根底にあるのは関ジャニ∞というホームがあって原点があって、関ジャニ∞に注ぐ熱量は他のグループにかけるそれには勝らないと思っていました。


でもこれがこの1~2ヶ月で変わってしまいました。どうなったかというとこうです。


<現在>

【?】関ジャニ∞ …別格…だよ…ね?
【?】NEWS …越えてきた。

-----------------越えられないハズの壁--------------------

【2】ジャニーズWEST / Jr. …目が離せない。
【3】KinKi kids / 嵐 …在宅で充分。

 

私にとっては越えられない壁を越えてくるという突然変異が起こったわけですから、もうぷちパニック状態だったんです。ゲシュタルト崩壊
「越えられない壁」って本当に私の中で相当厚くて、そんないとも容易く越えられるものじゃないはずだったんです。これについては次項で触れるのでここではこの辺にしておきますね。

 

 

 

■担降り

じゃあ担降りとは?ということなのですが…。
この流れでいうともうそのままですが、『その人を1番に応援したいと思えなくなった』ということですよね。あーなんか書いていて切なくなってきました。。

それに『降りる』には2つあると思っていて、
①他の人(グループ)に乗り換える
②単純に担当をやめる(担降りを決めた時点で降り先がない)

この2つに大きく分かれるんじゃないかな?


そしてまさしく両方経験しようとしている最中なのです。


すみません。結局また長くなってしまいましたね。ちょっとここらへんで一旦区切らせてください。


ひとつの話題で何度も記事跨いでしまってすみません。私もひとつずつ区切っていかないと整理がつなかくて…。


次回は今度こそちゃんと本題に入ります!!

 

テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。